レミースアクセサリーブログ

フレンチアイテム買い付け記・骨董市編

Mon, June 20

今回は、年に数回しか開かれない骨董市に行ってきました。
沢山のフレンチアイテムの買い付けができましたので、
その様子をお届けいたします。良かったらご覧下さいませ。



今回はパリ郊外へ行かなくてはいけませんので、RERを使います。
この電車は治安が悪いと言われてますので、緊張してしまいます。
来たようですので、さあ乗りましょう。




パリ郊外は乾いたような道が続きます。ですので、
歩いているとなんだか不安になってきます….




ようやく着きました。骨董市自体はのんびりとした雰囲気なので、ほっとしました。
さあ、さっそく見てまわりましょう!



とても可愛い、風車のボタンが見つかりました。
ハンドメイド・ヴィンテージの優しいデザインが良いです。




フラットバックですので透かしパーツに貼り付けてペンダントや、
大きめのヘアピンにも応用ができそうです。(→参考記事
またホールにv-snwt196のラインストーンをセットしても可愛いですね。
どんなアクセサリーができるのか、考えるだけでも楽しいです。







商品が、各ブースの机に無造作に置かれています。
お宝が沢山ありそうですね。



取っ手がかわいい雰囲気のあるチェストがありました。
引き出しの中にもお宝が色々ありましたよ。



今回、1940年代のヴィンテージ切手も見つけてまいりました。
フランスとスペインに挟まれた国、アンドラ公国の古切手です。
アンドラには自国の郵便局がなく、フランスとスペインの2つの郵便局が存在し、
特赦な郵便事情と、美しいデザインで人気がある切手です。




独特の色合いがいいですね。
アクセサリーへの加工や、ペーパー類に貼付けてコラージュもおすすめです。



→ すべての切手を見てみる。




ワンちゃんとランチを食べるオーナー。
お店の人達はみんな、のんびりと過ごしてます。




だんだん人が多くなってきましたね。
フランスの方は外で食べるのが大好きのようです。



フランスの古書も見つけてまいりました。
状態も良いですので、撮影用のディスプレイとしてもお使いいただけます。
実際、本の上にアクセサリーを乗せて撮影しますと印象がかなり違います。
このブログでも実際に使われてますので、おすすめです。





ヴィンテージ・カトラリーもありました。
こっくりとした素材で大変美しいです。こちらもディスプレイとして使えるかと思います。





歩いていると、あちこちで楽しそうな会話が聞こえてきます。
パリ郊外は市内とはまた違って、アットホームな雰囲気に包まれてます。

まだまだ見たかったのですが、次の時間が迫ってきたようです。
名残惜しいまま会場を後にしたのでした。

フレンチアイテム買い付け記・骨董市編の記事は、
いかがだったでしょうか?次回の更新ではロンドンにも買い付けに行きますので、
どうぞお楽しみに。



作り方のご質問や、ブログ記事にして欲しい内容などなど、
もしございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
→ お問い合わせ

レミースでは6000種類以上の海外ヴィンテージアクセサリーパーツ素材を
ご用意してお待ちしております。


関連ビーズ記事


レミースの公式SNS

海外から届いたヴィンテージパーツの入荷情報や、作り方、ライフスタイルをお届けします。

 インスタグラム   ツイッター   フェイスブック   ライン

レミースのメールマガジン(入荷パーツ情報)


さらに詳しくは、メールマガジン「レミースのおたより」で、
海外から届いた新着パーツの入荷情報や、ヴィンテージアクセサリーの作り方、
キャンペーン情報などなどを、メールでいち早くお知らせいたしますので、
ご登録がおすすめです。

・PC&スマートフォン版 メールマガジン by まぐまぐ(殿堂入りしました)

・携帯版 メールマガジン


レミースアクセサリーブログ