レミースアクセサリーブログ

アンティークアイテム買い付け記・ロンドン編

Tue, July 26

アンティークと言えば、やはりイギリスですね。
今回、アンティークアイテムを探しにパリからロンドンに行ってまいりましたので、
その様子をお届けいたします。



パリからロンドンへは、ユーロスターがとても便利です。
電車で違う国へ行くのは、なんだか不思議な気分ですね。
さあ、列車へ乗りましょう。




ロンドンへは3時間ほどです。
窓から流れるフランスの風景を眺めていると、眠くなってしまいますね。
フランスとイギリスでは時差が1時間ありますので、
今のうちに時計を遅らせておきましょう。




ロンドンのセント・パンクラス駅に着きました。
フランスとはまた違った雰囲気ですね。
チューブといわれる地下鉄に乗って、早速買い付けをして周りましょう!



ロンドンのアンティーク・サフィレットを2種類見つけてまいりました。
Oval/14×10mmの台座つきと、ルースアイテムです。
時を越えた不思議な輝きです。




カットは、ローズカットですので大変貴重なサフィレットです。
表面も状態がよく、アンティークの輝きについ魅入ってしまいます。
どんなアクセサリーができるのでしょうか。
考えるだけでも楽しいですね。


→ 他のサフィレットを見てみる。(サフィレットで検索)




カラフルなイギリスの建物。ミニクーパーが良く似合いますね。
ロンドンは歩くだけでも楽しい街です。



ロンドン最大のマーケットは、ポートベロー・マーケットです。
さまざまな人たちと、数々のお宝アイテムが行き交う、
パワーあふれる場所なのです。お昼になるともう歩けないほどです。。



何とも言えない古い雑貨たち。。わくわくしてしまいますね。
思わず時間がたつのを忘れてしまいます。



アンティークの本場ロンドンといわれるように、
アンティークジュエリーも素晴らしいです。
左写真は、アメジストとシードパールの、リボンペンダントです。
右写真は、お花のようなシードパール・ペンダントです。
100年以上も経ちながら、今も魅了するデザインと、作りの丈夫さに、
当時の職人さんたちを尊敬してしまいます。



あっという間に時間が過ぎて、パリへの帰宅時間になってしまいました。
ロンドン日帰りは、時間が足りなかったですね。。
みなさまにもっとロンドンアイテムをご紹介できますよう、
またいつか戻ってきたいと思ったのでした。

アンティークアイテム買い付け記・ロンドン編の記事は、
いかがだったでしょうか?海外買い付け編は7記事ほどございますので、
もしよかったらご覧くださいませ。




作り方のご質問や、ブログ記事にして欲しい内容などなど、
もしございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
→ お問い合わせ

レミースでは6000種類以上の海外ヴィンテージアクセサリーパーツ素材を
ご用意してお待ちしております。


関連ビーズ記事


レミースの公式SNS

海外から届いたヴィンテージパーツの入荷情報や、作り方、ライフスタイルをお届けします。

 インスタグラム   ツイッター   フェイスブック   ライン

レミースのメールマガジン(入荷パーツ情報)


さらに詳しくは、メールマガジン「レミースのおたより」で、
海外から届いた新着パーツの入荷情報や、ヴィンテージアクセサリーの作り方、
キャンペーン情報などなどを、メールでいち早くお知らせいたしますので、
ご登録がおすすめです。

・PC&スマートフォン版 メールマガジン by まぐまぐ(殿堂入りしました)

・携帯版 メールマガジン


レミースアクセサリーブログ