レミースアクセサリーブログ

レースセッティングワイヤーの使い方。めがね留めで特殊なパーツにセット

Tue, June 4

セッティングにセットできないようなストーンは、
どうやって使えばいいのでしょう?というご質問を頂きます。

その場合は、レースセッティングワイヤーを使うのがおすすめです。
ただ実際どうやって使うのか難しいかと思いますので、
今回、その使い方とペンダントの作り方実例をご紹介いたします。



例えば左のアメジストのラウンドv-snpl192や、真ん中のシトリンのペアv-snbw240は、
サイズが大きいですので、ロングネックレスのペンダントにちょうど良いです。

ただ、合うセッティングがないので、今までは中々使いづらいパーツだったのですが、
レースセッティングワイヤーを使うことで解決できます。
それでは実際に、シトリンのペア型でペンダントを作ってみましょう!


まずはシトリンのペアv-snbw240にレースセッティングワイヤーを巻きつけ、
ほどよい所でペンチでカットします。



今回、めがね留めを作ってレースセッティングをつなぎたいと思います。
先端のホールに、アーティスティックワイヤー26番を通しました。



折り返し場所をヤットコで軽く挟みますと、
この後の作業がやりやすいです。



全体の形がすこし見えてきましたね。
次は、めがね留めを作りましょう!



ワイヤーの片方に、まきつけていきます。
コツはゆっくり焦らずです。



巻きつけられたワイヤーのほうに輪っかを作ります。
丸ヤットコがあると輪っかを作りやすいです。



あとは再び巻きつけてカットします。



めがね留めができましたね。



ストーンをセットする前に、
アーティスティックワイヤーの裏側の爪を
あらかじめ折り曲げておくとセットしやすいです。



最後にストーンをセットして、
表側の爪を折り曲げ完成です!



最初は、ずれたりして少し難しいかと思いますが、
慣れてくると、どんな形のストーンにもセットすることができるかと思います。
ぜひ挑戦してみてください。




→ この写真の一覧を見てみる

作り方のご質問や、ブログ記事にして欲しい内容などなど、
もしございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
→ お問い合わせ

レミースでは6000種類以上の海外ヴィンテージアクセサリーパーツ素材を
ご用意してお待ちしております。


関連ビーズ記事


レミースの公式SNS

海外から届いたヴィンテージパーツの入荷情報や、作り方、ライフスタイルをお届けします。

 インスタグラム   ツイッター   フェイスブック   ライン

レミースのメールマガジン(入荷パーツ情報)


さらに詳しくは、メールマガジン「レミースのおたより」で、
海外から届いた新着パーツの入荷情報や、ヴィンテージアクセサリーの作り方、
キャンペーン情報などなどを、メールでいち早くお知らせいたしますので、
ご登録がおすすめです。

・PC&スマートフォン版 メールマガジン by まぐまぐ(殿堂入りしました)

・携帯版 メールマガジン


レミースアクセサリーブログ