レミースアクセサリーブログ

オールドレンズでヴィンテージアクセサリーパーツの撮影*アトリエ制作日記 No.38

Fri, February 10

世界中から色々なヴィンテージパーツが集まる、レミースの横浜アトリエ。
今回は冬のアトリエ(仕事場)の様子と、ヴィンテージレンズでヴィンテージアクセサリーパーツを撮影してみましたので、製作のご参考になれば幸いです。

フランスのブローチを

ヴィンテージの小鳥ブローチを30年前のレンズで撮影してみました。 ふわっとした写りで雰囲気がでますね。 ブローチはフランスのものでして、可愛らしさと品の良さも感じます。 アメジストパーツもこうやって使っていたのかと思うと勉強になります。
アメジストパーツ

アメジストパーツ

窓辺の植物

この日の横浜アトリエは暖かい日差しでした。 窓辺の多肉植物も気持ち良さそうにぷっくりとしながら、 今日も全国のお客様へお送りする商品たちを、見守ってくれました。


古い物の再生

古道具屋さんで見つけたノリタケのカップを、タクマーというオールドレンズで撮影してみました。 古いレンズですが、とてもよく写りますね。 カップはほこりだらけだったのですが、ふいたら綺麗なゴールド模様が出てきてびっくりしました。 ヴィンテージアクセサリーパーツでも拭いたら見違えるようになることが多く、メンテナンスをして古い物を使うのは良いですね。


ドイツのオールドレンズ×ドイツのヴィンテージパーツ

ドイツの古いレンズでドイツパーツを撮影してみました。 約50年前のレンズでして、背景のぼけがぐるぐるして写り、面白いですね。 フィリグリーレースパーツは30年以上前なのに彫りが素晴らしいのも特徴です。 ドイツで作られたものは、しっかりしていながらも芸術的な印象があるのです。
ドイツのヴィンテージアクセサリー、使用パーツ

ドイツヴィンテージ

日本のオールドレンズ×日本のヴィンテージパーツ

今度は日本の古いレンズでジャパンヴィンテージパーツを撮影してみました。 45年前のレンズでして、どこか昭和っぽく写りますね。 ジャパンヴィンテージパーツはほっこりとした作りが良いですね。 このパーツとレンズが生まれた日本はどんな時代だったのか想像するだけでも楽しいです。
ジャパンヴィンテージ

ジャパンヴィンテージ

ロシアのオールドレンズ×サフィレット

ロシアの古いレンズでサフィレットを撮影してみました。 約40年前のレンズでして、光源が星のように写る面白いレンズです。 サフィレットもいつもより雰囲気が出ている気がします。 古いレンズで古いパーツを撮ると、なんだか不思議な気分になりますね。
サフィレット

サフィレット

フランスのオールドレンズ×フランスの古い物

フランスの古いレンズで、アトリエの古道具を撮影してみました。 約60年前のレンズでして、昔のフランス映画のように不思議な映りをしますね。 ヴィンテージパーツと同じように、大切にしつつも、現代でしっかりと使って行きたいです。


古い物の楽しさ

古いものは優しい雰囲気があっていいですね。 最後にヴィンテージやアンティークのおすすめパーツをまとめてみましたので、 ご参考になれば幸いです。

→ 「Vintage/WestGerman」で検索


→ 「Vintage/German」で検索


→ 「サフィレット」で検索


→ 「Antique」で検索


→ 「パリ」で検索


→ 「ヴィンテージスワロフスキー」で検索



レミースでは6000種類以上の海外ヴィンテージアクセサリーパーツ素材を
ご用意してお待ちしております。


関連ビーズ記事


レミースの公式SNS

海外から届いたヴィンテージパーツの入荷情報や、作り方、ライフスタイルをお届けします。

 インスタグラム   ツイッター   フェイスブック   ライン

レミースのメールマガジン(入荷パーツ情報)


さらに詳しくは、メールマガジン「レミースのおたより」で、
海外から届いた新着パーツの入荷情報や、ヴィンテージアクセサリーの作り方、
キャンペーン情報などなどを、メールでいち早くお知らせいたしますので、
ご登録がおすすめです。

・PC&スマートフォン版 メールマガジン by まぐまぐ(殿堂入りしました)

・携帯版 メールマガジン


レミースアクセサリーブログ